これで納得、脱毛期間中にシェービングを使用する理由とは

脱毛している最中にサロンからは、毛抜きを使用してはいけないと指示をされることがあります。
キレイモでも、基本的には全身脱毛プランなので、事前処理としてシェービングのサービスがあります(ただし、月額制の場合は有料)。
一方で、毛抜きでムダ毛を処理をしてしまうと、施術の効果が薄くなります。

なぜ脱毛効果が薄れるのか

光脱毛の仕組みは、成長期のムダ毛に照射することで、毛母細胞が段々と抜け落ちていくことを目的としています。
反対に言うと、成長期のムダ毛ではないと効果は薄れてしまいます。
成長期のムダ毛には、メラニンが多く密集されます。
光脱毛は、黒い色であるメラニンに光を照射し、吸収したメラニンは熱エネルギーに変化することにより、毛毛包にある毛母細胞を炭化させるものです。
炭化したものは、毛包内で残ると次第に日数をかけて落ちていきます。
すぐに抜け落ちるときには、縮れ毛になっているので、このときに脱毛の効果が見られます。

光を反応させやすくするための処理

事前処理では、ムダ毛が草原のように伸び放題ですと、器具がメラニン色素を反応しずらくなります。
黒い物に反応するので、メラニンではなく、毛そのものを焼いてしまう可能性が出てしまいます。
このことから、シェービングで予め処理が必要となります。

毛抜きは毛周期が乱れる

一方で、毛抜きをしてはいけないと指示をされるのは、単純に毛周期が乱れてしまうからです。
メラニン色素が集まり、それでいて成長期のムダ毛ではないと光脱毛の効果は薄いか効かない可能性があります。
毛を抜くとメラニン色素もなくなるので、反応がなくなります。
いわゆる、休止期と退行期に入った状態です。
そのため、キレイモでも脱毛している期間中はシェービングの処理を勧められる理由です。