脱毛のとき毛抜きはしてはいけない本当の理由とは

少しの産毛や細い毛ならカミソリなどの処理をするより、毛を抜いた方が簡単です。
しかし、毛抜きの処理は肌のトラブルを引き起こす可能性が強まります。
脱毛サロンのキレイモでも、事前処理は光脱毛なので毛抜きではなく、シェービングを勧めています。
毛抜きがいけない理由を知ることで、脱毛の際に綺麗な肌を保てるようになれます。

毛抜きが駄目な理由は皮膚にあり

「毛抜きをすると肌のトラブルになる」「毛抜きをしてはいけない」など、様々なことで毛抜きの処理を勧めない方は多くいますが、大事なのは毛を抜くことではなく、皮膚がダメージを受けることにあります。
毛は毛乳頭と毛母細胞が一緒に繋がることで、皮膚の表面に毛が出てきます。
毛を抜くと、毛乳頭と毛母細胞が引き離されて、皮膚から抜けます。
これが通常なら問題はありませんが、毛を引っ張ると同時に皮膚が剥がれた場合です。
皮膚が刺激を受けると毛穴を塞ごうと修復作業が開始します。
この間に細菌が入れば炎症を起こします。
これが肌トラブルになるから控えるべきポイントになります。

毛乳頭があれば何度も再生する

一方で、細菌が入らずに修復が完了した場合です。
毛乳頭さえあれば毛を再生しようと育っていきます。
ムダ毛が表面に出て皮膚も修復出来れば元に戻ります。
しかし、修復の方が早く毛の再生が遅かった場合には、真っ直ぐに伸びずに真横に伸びてしまいます。
これが、埋没毛になる理由となります。
つまり、毛抜きにはこれらのデメリットがある可能性が高くなるのでおすすめはできないということです。

肌を傷つけていることを忘れずに

シェービングでも何度も皮膚を剃っていくことで、肌が傷付きます。
細菌が入った状態であれば炎症になるので、皮膚表面を守ることが重要となってきます。
キレイモでも事前処理はシェービングを勧められますが、処理はしっかりと前後のケアを忘れないようにすることが大切です。